捨てるのはまだ早い!タオルの嫌なニオイは完全に消せます!

洗っても洗っても落ちなくなったタオルのニオイを完全に消すことができました!

何をやってもフェイスタオルのニオイが取れずあきらめていたんですが、新しい洗剤を使ったところ、一発 (正確には「三発]ですが・・・) で効果が出て、見事ニオイがなくなったんです。

どうしてもタオルのニオイがとれないとお悩みの皆さん。
捨てるのはまだ早いです!いちど試してみてください。

タオルのニオイを落とすためにこれまでに試したこと

人の汗を吸うものはやはりニオイがつきやすいということで、ワタクシ宅の場合はフェイスタオルのほかにバスタオルや夏のTシャツなんかがそうです。

きちんと洗濯してもいつの間にかニオイが定着してしまうようで、干した直後はニオイが消えたようにみえるんですが、使っているうちにすぐに復活してきます。

ふつうの洗濯じゃダメだということで、今までに試したのがこんなやりかたです。どれも満足のいく結果は得られずでした。

1)ハイターにつけ置き

ハイターといっても衣類用のハイターです。
既定の量より少し多い目に溶かしてタオルをつけ置きましたが効果は感じられず。
ただし、部屋干しの際のニオイ軽減にはそれなりに効き目あります。

2)熱湯につけ置き

バスタブに熱い湯をため、そこに洗濯物を1時間ほどつけてから、通常通りの洗濯をします。
「野菜の50℃洗い」ならぬ「タオルの50℃洗い」ですな。
これは効果があります。ニオイが消えてくれました。
けど最初のうちだけ。
2~3回も使うとニオイが復活してきました。
毎回熱湯づけも面倒なので続けられず。
洗剤を使わないからいいんですけどね。

タオルのニオイにあきらめていたころ・・・

「そろそろ替え時かなー」なんて考えていたころ、ウチのカミさんがある洗剤を買って帰ってきました。

花王の「アタック 高浸透リセットパワーというやつです。

  “汚れ・ニオイにリセット洗浄!”

ウチのカミさんはドラッグストアで薬の販売士をやってまして、社内でよく薬の効果や新商品の勉強会があるそうで、これもそこからの情報です。

花王 アタック高浸透リセットパワー

「つけおき」が基本の使い方で、ガンコな汚れ落としがメイン機能となっていますが、ニオイ落としにも優れています。

パケージにも「くり返し使ったタオルのニオイを落とす。」と書いてありますね。

本当にタオルのニオイが消えた!

どんなものかなと、さっそく使ってみました。
といっても洗濯もの全部ではなく、ニオイのついたフェイスタオル等が対象です。

洗濯のつど、タオル類をより分けてひと晩「アタック高浸透リセットパワー」でつけ置きをし、翌朝に洗濯する、ということを繰り返しました。

するとどうでしょう。

1回目の洗濯ではさほどでもなかったんですが、3回目からハッキリとニオイが減ったんですよ!

タオルを干した直後も、使っている最中も、鼻に当ててかいでみましたが、ニオイがしません!

ここまで早く効果が出るとはビックリしましたね。
花王さんありがとう!

ワタクシ式タオルの洗濯方法

使い方はパッケージに説明されていますが、ワタクシはちょっとアレンジしてやってます。

洗濯槽に注水して、まずは洗剤を溶かしてからタオルを投入。

5分ほど回して、そのままひと晩放置プレイです。
5分回すのは何となくその方が洗濯物に浸透しそうだから。単に気分の問題かもしれませんけどね。

朝になったらその他のよごれものを加えて、通常どおりの洗濯をします。

これだけです。
ほかの洗濯物もまとめて全部つけ置きしておいてもいいんですが、実はいくつか気をつけなきゃならんことがあるんです。

ニャンズをこれで洗っているわけではありません。

ワタクシが実感したアタックリセットパワーの注意事項

漂白性能のある洗剤ですから、それなりの注意が必要です。

注意点1)タオルがゴワゴワになる

ワタクシは洗濯のつど柔軟剤を使いますが、それでもこの洗剤の場合は洗濯物のソフトさが損なわれます

ちょっとゴワゴワした感じになりますので、肌触りを重視したい場合は使い方を工夫した方がよいでしょう。(分量を減らす、つけ置き時間を短くする、等)

洗濯ものも全部に使うんじゃなくて、ニオイや汚れがひどいものだけに限定するといいですね。
吸水性には変わりはないようです。

注意点2)色も落ちる

やはり規定の分量は守らなければなりません。

初めて使ったときは試しにTシャツをつけ置きしたんですが、目分量で測って多い目に投入したところ、みごとに水がTシャツ色に染まってました。

今は分量を守っていますので問題なしです。

注意点3)金属類はつけ置き不可?

パッケージに
金属類(ファスナー、ボタン、フックなどの留具)が付いた衣類のつけおき時間は1時間以内に。
とあります。

パンツなんかがそれに該当するわけですが、ワタクシはあまり気にしないでやってまして、特に問題はないようです。(推奨しているワケではないですよ)
あとから何か影響が出てくるのかな。

リフィルもカンタン

箱が空っぽになりましたら中身の補充ですが、洗剤を詰めるのではなく、袋ごと箱に収めるという方法です。

1回だけやりましたけど、これは楽でいいですね。

箱に直接入れないことで、多少は箱の耐久も長くなるんじゃないでしょうか。
(写真は撮影のために袋を箱から取り出したものです)

「アタック高浸透リセットパワー」は家計に優しい洗濯洗剤

ワタクシ宅の場合、洗濯は2~3日に1回とか週末にまとめてとかではなく、毎日行っています。
それでもタオルにはニオイが残ってしまったんですね。

特にフェイスタオルなんかですと、直接顔に当てるものですから、よけいにニオイに気づかされます。

何枚ものタオルがそんな状態になったもんですから、そろそろ買い替え時かなと思っていたんですが、「アタック高浸透リセットパワー」のおかげでまだまだ使えるようになりました。

結果として家計にやさしい洗剤ということになりましょうか。
花王さんありがとう!

ところで、どちらのお宅もそうだと思いますが、ウチのタオルはどれも違った色、デザインのものばかりで、まったく統一性がありません。

だからいいのだ、ということかも知れませんが、実をいうとこれを機に全部買い替えて同じガラで統一しようと思ってたんですよ。

その方が、折りたたんで積み重ねたときにスッキリ見えるぢゃないですか。
これチャンスがなくなったことは、残念といえば残念でございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です