【ダウンロードできます】シンプルな日めくりカレンダーを自作しました

シンプルな2019年日めくりカレンダーがどこにも売っていないので自分で作りました。

例によってダウンロード公開しています。

作成手順の説明つきですからどうぞご利用ください!

シンプルな日めくりカレンダーがほしい

カレンダーの中でも月めくりではなくて日めくりカレンダーはマイナーな存在ですが、それでも結構な種類が発売されています。

けど、格言やイラストが載っていたりと六曜(先勝とか友引とかいうやつ)がついていたりして、意外にシンプルなものがありません。
ワタクシとしては日付と曜日だけあればじゅうぶんなんですが。

たとえばこんなやつ。
87年の映画『アンタッチャブル』で、エリオット・ネス邸に出てきた日めくりカレンダーです。

こういうの昔は輸入雑貨店なんかで売られていたんですけどね。日比谷のアメリカンファーマシーとか。
米国Amazonを見ても扱いがないところをみると、今ではどこも作っていないのかなあ。

自作日めくりカレンダーのデザイン・6つのポイント

嘆いていてもしかたありません。
こうなりゃ日めくりカレンダーの自作=DIYです。

さっそくPowerPointで作ってみました。(といっても試行錯誤でけっこう時間がかかりましたが)

今回自作したのは英語表記のやつです。日本語の日めくりカレンダーは売ってますからね。

用紙こそはがきサイズですが、デザインはできるかぎり映画に近づけました。
名付けて「自作日めくりカレンダー・エリオット・ネス」。どうでしょう。

では、こだわりのポイント6つをご紹介します。

1)日付の数字

映画版と同じフォントが見つからなかったので “Mongolian Baiti” で代用しました。

2)年月

これは “Garamond” フォントが似ていました。
ここにもちょっと工夫が。
実はこれ2つのパーツからできています。
ふつうにタイプすると文字感が開いてしまいますので、Septemberの ”S” と ”ptember” の2つのパーツを並べているんです。

3)曜日

フォント “bold sans” を使用しました。
これも文字間隔の調整のためにパーツ分けしています。

4)カリグラフィー・デコレーション

既存のサンプルを加工して作りました。

5)表紙

“TODAY IS THE FIRST DAY OF THE REST OF YOUR LIFE”
「今日という日は、残りの人生の最初の1日である」
素晴らしいフレーズです。もちろんワタクシが考案したものぢゃありません。

QRコードは、今ご覧いただいているこのサイト「ミリキ的な生活を」です。
なに? こんなもんいらん? まーあんた憎たらしい。

6)予備日数

予備として再来年1月7日まで用意しています。

自作日めくりカレンダー作成に必要なもの

これだけあれば日めくりカレンダーができます。

プリンター用紙

自作ToDoリスで使用した「はがきサイズ・試し刷り用」です。
日めくりカレンダーに上質紙は不要、適度に薄くて安っぽい紙がふさわしいです。今回使用したのはこれ。

2穴パンチ

実は用紙に印刷しただけでバラで使ってもいいんですが、「めくる」ためには まとまった枚数を綴じなきゃいけません。
やっぱりパンチ穴方式が間違いないでしょう。

バインダー用金具

本当はリベット留めにしたかったんですが、適当なパーツが探し出せなかったのでこれで代用です。
OリングではなくDリングですね。
いらなくなったバインダーからこれだけを取り外してもいいでしょう。

 

200枚セットの用紙をバインダー金具に重ねてみました。
この段階ですでに容量オーバーです ^^;)
一度にとじられるのは4か月分くらいかな。

自作日めくりカレンダーの印刷開始

枚数は365枚+表紙+予備7日分ということで全部で373枚。

いったいどれくらいインクを消費するのでしょうか。
スタート時のインク残量を記録しておきましょう。
プリンターはEPSONのEA-706Aです。

プリンタートラブルが!

何度か用紙補給しながら順調に印刷していましたが、突然エラーに!
用紙があるのに「用紙なし」となって動いてくれません。
はがきサイズという小ささのためでしょうか。
こういう場合はたいていローラーの汚れが原因です。
ちょこっとメンテナスして解決。

自作日めくりカレンダーの印刷完了

うわっ、けっこうな厚さになりました。
用紙の束って印刷すると厚みが増えますからね。

インク消費はこのとおり。
ブラックはカートリッジの半分くらいを消費しました。
黒と赤以外は使っていないはずなんですが、なぜか全部のインクが減っています。
これは目詰まりを防ぐために、乾燥を防止する必要があるからだそうです。
しかたないですな。

ほんとはもっとペラペラで後ろが透けて見えるくらいの紙(純白紙)がいいんですが、家庭のインクジェットではこれくらいが限界なんでしょう。

表紙だけは上質紙を使いました。
カッコイー。自作っぽさがなくなります。

来年のゴールデンウィークは9連休なんですよね。うれしいっす。

けれど、昭和天皇のご退位で12月23日は平日となりました。

2010年1月の7日間分です。

自作日めくりカレンダーを飾ってみました

カレンダーを「飾る」というのもおかしな表現ですけどね。

目につきやすい所といったら柱です。1月から4月までの4か月間分です。

マグネットを使ってRASKOGワゴンにくっつけてみました。
なかなかプロっぽくていいですね!(意味不明)

 

どうでしょうか?
けどやっぱり台紙があった方が様になるなー。
何か適当なものを探してみましょう。

というわけで、こんなカレンダーでもいいという方は、どうそダウンロードしてみてください。(いちばん下にあります)
あんまりお金をかけずにそれなりの日めくりカレンダーが自作できます。

本当はもっと早くに作ってお知らせいていれば、2019年元旦から使っていただけたんですが、まあそこは、どうせ1年分全部をとじることができないということでご容赦くださいませ ^^;)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です