【無料ダウンロード】2019年ゴールデンウィーク限定計画表・10種類のご紹介

GW限定の計画表ができました。

せっかくの9連休です。
「何もしないうちに終わっちゃった」と泣きを見ないために、この計画表で今のうちにしっかりとスケジュールを組んでおきましょう。

ゴールデンウィークの充実は事前の計画がカギ

早くも3月が終わり。

ということは1か月後にはゴールデンウィークを迎えるということです。

今年のゴールデンウィークは史上空前の9連休!土曜日が休みの人は10連休!!
ワタクシがそうですが、夏休みや正月休みよりも長いという人も多いんじゃないでしょうか。
(お仕事によってはお休みになれない方もいらっしゃいます)

めったにない長期連休ですから有意義に過ごさにゃあなりません。

そのためにはしっかりと計画を立てておくこと。これしかない。
でないとアッという間に終わってしまいます。

というわけで、本年限りのゴールデンウィーク計画表を作りました。
例によってダウンロードいただけますので、よろしければお使いください。

ゴールデンウィーク限定計画表のご紹介

では、気になるその中身についてご紹介しましょう。(といっても別にふつうですけどね)

●表紙

なにが「たいへんよくできました」なのか分かりません。
こんなの印刷しなくていいですよ。

●3週間カレンダー(2種類)

9連休を中心に前後1週間をつけました。
事前準備期間のことも記入できます。
標準型と月曜始まりの2種類です。

●4週間カレンダー(2種類)

さらに前1週間を増やしたものです。
これだけあれば漏れもないでしょう。
こちらも標準型と月曜始まりの2種類です。

●縦カレンダー(4種類)

3週間を縦1列に並べました。
旅行など複数の日数にまたがるものはこっちの方がいいかも。2枚の違いわかります?
片方は9連休の部分だけ幅が広くなってるんです。
それぞれに祝日名あり・なしの2種類です。

●やることリスト(2種類)

こちらはスケジュールではなく、連休中にやることのリストです。
今ぐらいの時期になると、日常のちょっとメンドウなことなんかは「こんどの連休に片付けよう」なんて後回しにすることがあると思います。
それらをキチンとこなすために、思いついたらここに記入しておきましょう。
備忘録にできます。
ここでリストしたものをカレンダーに組み立ててもいいですね。
30個までリストできるようになっていまして、番号付きとチェックボックス付きの2種類あります。
Evernoteなんかでリストを作っている人も多いと思いますが(ワタクシも)、手書きで埋めていくのもけっこう楽しいもんですよ。

ゴールデンウィーク計画表の印刷はモノクロでOK

カラーで印刷する必要ないですからね。
モノクロでも休みが塗りつぶされて分かるようになっています。

会社の複合機などでシレーっと出力・・・・・・(以下自粛)

使用例

これだけ長い休みですから、いくつかの計画を並行させることもできますね。
複数印刷してテーマ別に使うのもいいでしょう。

この人はゴールデンウィーク前半でDIYの木工、後半で福岡3泊4日の旅行みたいですね。
最後の1日はのんびり過ごすのでしょうね。

こちらの人は、連休中に家の中のこまごましたことを片付けてしまうようです。

ゴールデンウィーク計画表でやることを決めておきましょう

なにもガチガチにスケジュールを埋めましょうというのではありません。

のんびりと過ごすのならいいんです。
「この日は何もしない」という「計画」ですから。

ワタクシが恐れるのは、
「ゴールデンウィークは何しようかな」のままで連休を迎え「結局何もしなかった・・・」と言って5月6日の夜を迎えることです。

同じようになにもせずに連休を過ごしたとして、
「あー、よく休めた」というのと「あーあ、何もしなかったなあ」というのは違いますからね。

9日間という長い日数がアダとなるんですね。
「あれもやりたいこれもやりたい」と考えるのはいいんですが、日付を決めていないもんだから「明日やればいいや」と後回しにして、気がついたら残り日数わずかとなっている・・・ (-_-;)

なんだか子どものころの夏休みの宿題に似てます。

ゴールデンウィークが始まる前にスケジュールを立てておく
これが鉄則です。

ちゃんと有意義に過ごすぞ!という方はダウンロードをどうぞ。
(全部の種類がひとつのPDFファイルに収まっています)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です