空腹時にスーパーに行っても余計な買い物をしなくてすむ、魔法の3ステップ

空腹時にスーパーへ買い物に行ってはいけない」とよく言われます。

とはいえ、いつもいつも満腹時に合わせて買い物に行けるもんじゃないですよね。
「そんなのムリ」というあなたのために、とっておきの方法をお教えしましょう。

必要以上の買い物は余計なカロリーとなるだけですし、ムダな出費でもあります。

「空腹の時はいつもスーパーで買い物しすぎちゃって」というあなた、ダイエット成功のためにも魔法の3ステップをぜひお試しください。

 

 

 

 

空腹に惑わされないための3ステップ

これから3つのステップに分けてご紹介しますが、どれも目指すところはただひとつ。
空腹時でも正常な判断力を維持する」ということです。

ステップ1)入店する前に買うものを決めておく

スーパーやデリカに行けば、和洋中からベーカリーなどありとあらゆる食品が並んでいます。ですから、食べたいものが決まっていなくても、とりあえずブラッと行ってみれば何か見つかります。
よくあることと思いますが、まずはこれが失敗のもとです。

お腹が空いている時はどれも美味しそうに見えて、ついつい買い物しすぎてしまうものです。
購入する基準がありませんから、余計なものが2~3品増えてしまうことになります。

これを防ぐためにも、スーパーに入る前に何を買うのかを決めておきます
「今日は点心系のものが食べたいな」などとイメージをして、買い物の品と分量を決めておきます。

大事なのは、店に入る前の冷静な状態のうちに、客観的な判断を行うことです。

ステップ2)魔法の言葉を口にする

とはいっても、空腹時に美味しそうなロールケーキを目の当たりにしてみると、これも欲しいなと心がグラつくこともあるでしょう。

けれどもあなたはロールケーキを目当てにスーパーに来たのではありません。
ロールケーキはもともと買う予定にはなかったものです。

決して両方カゴに入れてしまうことのないように。
「余計な買い物・余計なカロリー」になりますからね。

それでも踏ん切りがつかない?

そんな時は目にする前の状態に戻ればいいのです。
つまり、ロールケーキは見なかったことにするんです

そのための魔法の言葉があります。
まずはともかくその場から立ち去ります。そして自分自身にこう話しかけます。

「わたしは何も見なかった」

・・・・・・。
ウサン臭いでしょうがホントウです。
10秒もしないうちにロールケーキのことは頭から消え去っています。

ステップ3)レジでは支払いに集中する

買い物の最後、支払いの段階です。

レジ待ちの最中はレジ周りの商品をついつい見てしまいます。
ムリもありません。これはスーパー側が「レジ待ちの最中はレジ周りの商品をついつい見てしまう」ように設計しているからです。
いわゆる「ついで買い」を狙っているんですね。
(売り場全体のレイアウトも、お客さんが買いやすい=買わせやすいように設計されています)

これがなかなか巧妙でして、新商品のチョコレートとかキャンディーとか、手軽に手に取りやすいサイズ・価格で並べてあるんですよ。
空腹時にちょっとお腹を満たすのにピッタリな。
それが買い忘れていたものだったらいいんですが、そうでなければシャットアウトしましょう。

ここにも魔法の言葉があります。

「これを買わないと何か困ることになるか?」

答えは120パーセント “NO” でしょう。
ならばそのまま支払いまっしぐらです。

これで買い物完了!

効果は実証済み

おめでとうございます!
これであなたは無事にスーパーマーケットから抜け出ることができました。空腹にもかかわらず、余計な買い物をしなくてすみました。

「ホンマかいな」と思われるかもしれませんが、ワタクシは何年もこの方法(特にステップ2)を実践してきています。
いわば効果が実証されています。

特別な道具は何もいりませんので、ダマされたと思って、この次スーパーに買い物に行く時はぜひお試しください。

「スーパーの買い物は空腹時を避けて行く」というアドバイスより、よっぽど現実的でしょうからね

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です